育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2009年11月14日

薄毛を治すためにできること

薄毛を治すためには2つの方法があります。

髪の毛を細くする、髪の毛を脱毛させる、そういう物質を抑制することが一つです。

もう一つは、髪の毛を生やせる、髪の毛を太らせることです。

この2つの要素で髪の毛が生えるのです。


育毛漢方のなかでも、今回は「脱毛を呼ぶ要因を抑え込む」方法を述べています。


原理的には「プロペシア」と同じです。

脱毛を呼ぶ悪玉酵素を抑制するのです。

漢方にはそういう方法があるのです。

答えは、

ウコン

大豆イソフラボン

ドクダミ

ゴマ

レシチン

カボチャの種

などです。

また、野菜類には、脱毛を抑制する力があります。


こういうことは、「試してみるとすぐわかる」のです。

育毛剤にかけるお金を、こうした漢方の育毛法に振り変えましょう。

とにかく「実行すれば、結論が出る」のです。


大豆イソフラボンとか、ゴマ、ウコンなどは数多くの書籍で、ハゲを治す効果があると言われているにもかかわらず、実行していない人がいるのは、どういう理由なのでしょうかねぇ。


トップページに戻る
posted by 漢方人 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月06日

若ハゲと薄毛の苦悩から逃れる漢方育毛療法

若ハゲや薄毛になると、人生の楽しさが損なわれる感じがするものですよ。

今日もテレビのバラエティ番組でお笑いコンビのブラックマヨネーズの小杉がほかのお笑い芸人から「髪の毛の薄いこと」をからかわれていました。

現代の日本では、ハゲてしまうと笑い物になるのです。

ネットで有名な「ヤフー知恵袋」というサイトに若ハゲで悩む人が「死にたい」と書いてあり、その投稿に対し数名がコメントを投稿しています。


「ヤフー知恵袋 若ハゲで死にたいと言う人の投稿と、意見」

この投稿にあるように、現代の日本でハゲると、自尊心を失わされるような事態が起こってきます。


人間で一番重要なものは「自尊心」です。

ハゲても明るく元気に生きると言うのも一つの生き方。


私のように「何としても、髪の毛を生やす」という生き方をとるのも一つの生き方です。

私の選択はよかった、と感じています。


私は、漢方育毛療法に出会って、薄毛やハゲの悩みを感じることはなくなったのです。

24歳に薄毛の遺伝子が発動を開始し、そのときの絶望感は51歳になった今も忘れられません。

ただ、「あのときは、つらかった」と思い出話にできる現在の頭髪状況はありがたいです。

あなたにも、私のようなルートを歩んでみたら?と思います。

漢方療法で、みるみる髪の毛はよみがえるのです。

漢方育毛法は、再現性の高い育毛ノウハウなのです。


トップページに戻る