育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

カテゴリー:日記

Fotolia_64414279_XS.jpg

2009年11月14日

薄毛を治すためにできること

薄毛を治すためには2つの方法があります。

髪の毛を細くする、髪の毛を脱毛させる、そういう物質を抑制することが一つです。

もう一つは、髪の毛を生やせる、髪の毛を太らせることです。

この2つの要素で髪の毛が生えるのです。


育毛漢方のなかでも、今回は「脱毛を呼ぶ要因を抑え込む」方法を述べています。


原理的には「プロペシア」と同じです。

脱毛を呼ぶ悪玉酵素を抑制するのです。

漢方にはそういう方法があるのです。

答えは、

ウコン

大豆イソフラボン

ドクダミ

ゴマ

レシチン

カボチャの種

などです。

また、野菜類には、脱毛を抑制する力があります。


こういうことは、「試してみるとすぐわかる」のです。

育毛剤にかけるお金を、こうした漢方の育毛法に振り変えましょう。

とにかく「実行すれば、結論が出る」のです。


大豆イソフラボンとか、ゴマ、ウコンなどは数多くの書籍で、ハゲを治す効果があると言われているにもかかわらず、実行していない人がいるのは、どういう理由なのでしょうかねぇ。


トップページに戻る
posted by 漢方人 at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記