育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

カテゴリー:ハゲは遺伝なのか

Fotolia_64414279_XS.jpg

2012年01月02日

ハゲは遺伝だから治らない、か?

ハゲは遺伝だから治らないのか?


薄毛やハゲは遺伝なので治らないと心配している人が多いのです。


ネットでも、「ハゲに悩む人にハゲは治らない」と回答しているのをみました。


「ハゲは遺伝なので治らないのか?という質問と、その回答」(ヤフー知恵袋より)


>>http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114545171?fr=rcmd_chie_detail



私の考えでは、結論から言うと、



「ハゲや薄毛は遺伝だが、治る」


と私は断言します。


これは、もう、誰がなんと言おうと、そうとしか考えられないのです。


ハゲや薄毛は遺伝なので、そのまま普通の生活をしていたら、きっとハゲは進行し、ハゲてしまいます。



でも、ハゲ遺伝子を持っていると気付いたなら、対処法を実践したらいいだけなのです。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】




私は、背の高さは遺伝だと思います。


糖尿病なども遺伝が関与しているようです。


太る、やせるも遺伝が関与していると思います。


でも、背の高さにしても、糖尿病にしても、


「努力すると、なんとかなる」



のが現実。



ハゲ、薄毛の場合も同様です。


薄毛遺伝子を持っていても、適切な対処をすると、ハゲなくてすみます。


ただし、私の30年間の育毛体験からいうと、


「同年代の平均的な髪の毛の量までが限度」

のような気がします。


背の低い遺伝子があっても、背を伸ばすノウハウで平均的な身長まではいくけれども、バレーボールの選手やバスケットボールの選手のような高さまではムリなことがほとんどです。


薄毛やハゲも、努力で髪は生えますが、「髪の毛が多い」というところまでは、ハゲ遺伝子が許してくれないのです。


でも、平均的な髪の毛のボリュームは、高い確率で達成できます。


これは、きっとできます。



私の体験では、一番はやく実感できるのが、回生堂という会社のコラーゲンなのです。


髪のハリやコシに【回生堂ミレット】



男性の場合、ハゲ遺伝子の本体ともいえる「5αリダクターゼ」を押さえつける成分があるのに加え、コラーゲンのエキスが、細い髪の毛を太く育てる「メンズ、ミレット」を選択します。


posted by 漢方人 at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ハゲは遺伝なのか