育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

カテゴリー:漢方療法

Fotolia_64414279_XS.jpg

2011年09月11日

育毛漢方療法の効果を再確認する

育毛漢方のすばらしさ、育毛効果を、再度確認したいと思います。


ハゲや薄毛を治す方法はいくつかあります。


わたしは昭和56年から、いろいろな育毛法を実行してきました。



効果のある方法、効果のなかった方法など、いろいろ体験しましたよ。



なかでも、漢方による薄毛対策は、効果が大きかったのです。



信頼できます。



育毛漢方療法の基礎は、


「食事」と「栄養素」なのです。



その前に、プロペシアの開発経緯について。


プロペシアがどのような経緯で開発されたか、ご存知ですか?


最初は、前立腺肥大症のクスリだったのですが、使用した人の髪の毛が生えてきたことから、発毛のクスリとして開発されたのです。


これは、漢方の育毛法とも通ずるところがあります。


漢方の育毛も、


「こうしたら、髪が生えた」


という事例の積み重ねなのです。


野菜を食べて、抜くを控えめにしたら、髪が生えた。


スピルリナを飲んでいたら、髪の毛が元気になった


レシチンを食べたら額の髪の毛が生えてきた。


などなど。


そういう髪の毛が生えたという事例によって、育毛漢方は伝えられているのです。



一番有名な、育毛漢方の本は「みるみる髪が生えてくる」なのです。


わたしも、この本に紹介されているいくつかの育毛ノウハウによって、ハゲからの生還をはたしたのです。
タグ:育毛漢方
posted by 漢方人 at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方療法

2013年06月23日

育毛はやはり漢方が一番だ

髪の毛の悩みは、ある健康雑誌の注目度の高い順番で、第2位でした

抜け毛の悩みは男性にとっても、女性にとっても悩みの種になるわけです。

女性も髪の毛が少ないというだけで、人生観は大きく変わると思います。

やはり豊かで健やかな髪の毛なら、自信があるわけです。

ですから、育毛酒を造って、毎日飲むことで。髪の毛の量を増やし、ツヤヤカな髪になれば、人生も髪の毛も素晴らしくなっていくのですね。


28歳の男性で、髪の毛がフサフサの場合と、バーコード状態になっているのでは、その顔に対する認識、異性観、自信、プライド、自尊心、そういったものが、ずいぶん違ってくると思います。

同様に35歳の女性がいたとして、その女性が薄毛となって、髪の毛が抜けていったら、

やはり人生観、自尊心、自己イメージは変わると思います。

女性も抜け毛状態がおこると、髪の毛の悩みは尽きないのです。

髪の悩みで最初に気付くのは抜け毛で、「最近シャンプーをしていると手に付く髪の毛の数が多くなったんじゃないか?」と悩んだりしている人が多いのです。

髪の毛の悩みは、いったん気になり始めると、なかなか収まりません。

髪の毛をセットするなども怖くなったり、洗髪するときも慎重になります。

髪の悩みは、放置していると、毎日の態度にも悪影響が出ます。

他人にどう見られているか気になったり、髪の毛のセットなどもしなくなってくると見た目も以前とは悪い方向で、変わってみえてしまいます。

付き合いなども悪くなることもあり、仕事にも集中出来なくなる恐れもあるのです。

育毛サプリを飲んで、髪の毛を増やすことです。

ハゲ、薄毛についてですが、1日に何本抜けたら、危ない状況といえるのでしょうか?

髪の毛にも生え変わりのサイクルがあり、抜け毛がない人はおらず、髪の悩みを持たない、健康な髪の人で1日で平均50本から100本程度抜けるものです。

抜け毛の危険ゾーンの人は100本以上抜け続けている人といえますね。

もちろん抜けた髪の毛を1本1本数えることはできないので、日々の抜け毛の量よりもあきらかに抜け毛が増えたようなら注意が必要だとというわけです。

男性なら、抜け毛が急に増え、ひたいが広くなり、頭頂部が薄くなってくると、周りの人から「そろそろ頭の毛がヤバイんじゃない?」などと、おせっかいをやいてきます。

女性なら、美容室で

「ここハゲができてますよ、ほら。」


などと指摘され、背筋が凍りつくこともあるかもしれません。

走るハゲの恐怖!! です。

こうなったときには、早急に育毛対策をすべきです。

明日からといわず、今日から実行です。

いつやるか?

今でしょう!!

という流行語は育毛にも当てはまりますよね。

育毛酒は漢方のエキスを抽出したものですが、煎じて飲んでも効果はあります。

育毛酒と並行して実行すべきことは、まずは、8時間寝ること。それから、育毛情報をネットで収集しまくること。

高価な育毛情報商材に書かれていることも、ネットで公開されているものばかりです。

髪の毛を増やすノウハウは必ず手に入ります。

よい育毛情報を実践することで、救いの道が開かれるのです。

私も、よい育毛情報に出会えて、救われた一人です。

さあ、育毛酒あるいは煎じて育毛エキスを飲みましょう。

紅クコ、みつひ、黒なつめ、ハスの種、山の芋、よもぎ、黒豆などなど。

全部入れなくてもいいのです。

2〜3種類でもいいのです。

時間のない人は、漢方原材料を、煎じて飲んでもいいのです。

この育毛酒は、髪の毛を作るための血液を生み出すから、生えるのです。
タグ:漢方育毛
posted by 漢方人 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方療法

2016年11月27日

育毛漢方で安全にかつ短期間で髪を増やそう

漢方の育毛法をお勧めするのは「安全」で、「短期間で」成果が出るからです。

育毛漢方療法に関して誤解をしている人がいますので、その点をまずはご説明しましょう。

その誤解は、

「育毛漢方療法は漢方薬を飲んで髪を生やすのか」

と考えている人がいますが、そうではないのです。

一言でいうと、

「心の平安を維持しつつ血液を髪の毛が生えるものにする」

と言っていいのです。

血液を髪の毛は生えるものにするために、コラーゲンを飲んだり、紅クコ、みつひ、蓮の種、スピルリナなどを口から取り入れます。

そういった栄養成分に髪の毛は増える「実例」がおおくあるから、あなたも飲んでみましょうということです。

漢方は「事例」なのです。

オットセイの睾丸を煎じて飲んだら精力がアップした事例などをもとに組み立てられています。

同じく精力でいうと、シカの角もまた、漢方の重要な成分の一つ。

⇒ シカの角の解説

ここで、西洋の医学でいうと、

「シカの角を科学的に分析しても、精力が強くなることは理解不能」

となる。

ところが漢方の世界では、

「でも、シカの角を服用したら、精力が強くなった体験があるんだよ」

ということになる。

これは、コラーゲンにもあてはまり、

「医学的に見て、コラーゲンを飲んでも体内で分解されるから無駄、無駄、ムダァ〜!!!」

という否定論者が多いわけです。

ところが、楽天で数多くのコラーゲンドリンクが販売されており、

人気コラーゲンドリンク購入体験者の公平なレビューを読んでみると、

「飲むと、髪の毛と肌のはりが違いますよ」

などのコメントがたくさんあるわけです。

漢方的な考え方なら、

「そういう効果があるというのなら、自分にも効果があるかもしれない」

と考えるべきなのです。

⇒ 育毛漢方を実行するきっかけブログ



Fotolia_64414279_XS.jpg
posted by 漢方人 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方療法