育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2009年11月19日

髪の毛を増やすにも漢方の知恵

髪の毛を増やすには漢方の知恵が役立ちます。

漢方の育毛ノウハウは「体内から髪を生やす」点に特徴があります。

現代の日本の育毛の方法はネットで見ればわかります。

漢方の育毛法が体内から生やそうとするのに対し、「科学的」とうたった育毛法では、

低周波や高周波の電子治療機

皮脂を完全に落とす強力なシャンプー

育毛剤

頭皮の血行を良くするマッサージ機

などなど、体外からの育毛アプローチも目立ちます。

私も体外からの育毛・発毛アプローチを否定はしません。

髪が生えれば、それはそれでいいのです。


ところが、生えない場合が多いようにも聞きます。

これでは、育毛が継続できず、ハゲを気にした人生になってしまいます。

そこで、漢方をおすすめしたいのです。

漢方では、「ハゲた人に、こうしたら、生えた」という事例が元になっています。

ウコン

カボチャの種

ゴマ

ドクダミエキス

レシチン

スピルリナ

などなど。

こうした栄養素を体内に取り入れたら、髪の毛が生えたという事例を重視しているのです。

理論の前に、事例あり、なのです。


トップページに戻る
posted by 漢方人 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方の知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33734561

この記事へのトラックバック