育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2016年06月04日

育毛にアーユルベーダを活用する

薄毛回復に効くアーユルベーダについて。

日本の「漢方」に対して、インドにはアーユルベーダがあります。

今回はアーユルベーダの薄毛対策を見てまいります。


私の住む街にもリラクゼーション・ルームは多くなりました。

足裏マッサージ、岩盤浴、クイックマッサージ。

そして「インド式ヘッド・テラピー」というのもあります。

頭をマッサージしてもらえるのですが、さぞかし気持ちはいいでしょう。

私は未体験ですが、いずれ試してみたい。

薬草を泥にまぜて、それを頭につけてマッサージするのです。


育毛、発毛に有効であり、髪の毛そのものがキレイになるという効果がうたわれています。


気力と集中力を高め、緊張を和らげ、循環機能を活発にし、輝く髪を目指す人にオススメします。


『気を高めるヘッドマッサージ』 ロザリンド・ウィドウソン著

産調出版 2005年5月出版  1800円

という本もあります。


アーユルベーダの医学に基づく健康法です。

アーユルベーダは独特の理論なので、好き嫌いは多いのでは?

私は好きです。アーユルベーダ。

平成6年頃、高いお金を払って「TM瞑想」というのを習ったことがあるのです。

13万円くらいの費用と、5日間(1日2時間)の日数が、かかりました。

アーユルベーダの知識に基づく瞑想法です。

ストレス軽減にいいです。

ストレス軽減は、すなわち、育毛の重要項目です。

この本ではバランスのとれた有酸素運動と、それを補完するヨーガ・ストレッチ、リラックス法が述べられている。

ヘッド・マッサージというタイトルどおり、頭をマッサージすることで、緊張はとれ、リラックス効果、そして髪の毛にもよい効果がでるということ。

最近はヘッド・テラピーといって、サロンでこのような施術を受けられます。

私の地元では、6000円で1時間くらい施術を受けられます。


では、以下で肝心の髪の毛についてのレビューを。

頭に油をそそぐ方法が一つ。

浄化をもたらすさまざまな色の布をまくヘッドラッピングなどもある。

要は、肩、首、頭をマッサージし、リラックスし、血流を良くすることがポイントといってよい。


(輝く髪の毛のためのトリートメント法について)

少し、実行するのはこわい。

私にはできない。

タイトルは「皮脂トリートメント」

この部分を同著より引用します。

〜ここより引用〜

「トリートメント剤を数日間洗い流さずにおきましょう。

こうすることで皮脂が、体から生成されるミネラル分や分泌液と混ざって髪に浸透します。

髪を頻繁に洗うことが習慣になっている文化圏の人には少し不快かもしれませんが、工夫すれば汚れているという感覚を最小限に抑えることができます。」

〜引用 ここまで〜

会社勤めの人は、髪の毛、臭うのじゃないかな?

また髪のためには、毛先から頭皮にむかって1日に50回とかすのが理想的とのこと。

育毛にマッサージは欠かせません。

ただし強くもんだり、叩いたりしては逆効果です。

気持ちの良い強さで、育毛に成功して髪の毛がぼうぼうにナッタシーンを思い浮かべておこないます。

人がいないときは、アファメーション(自己宣言)しつつ実行すると効果は、非常に大きいのです。

「髪の毛が、3倍太く、3倍多くなっていきます」

と、自分に語りかけるのです。


セサミオイルが運命を変える!『10歳若返る 魅惑のアーユルヴェーダ オイル美容メソッド』



KSsgTQ6OLfmJOuE1423873542_1423873549.jpg




posted by 漢方人 at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛ノウハウの総括
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175555809

この記事へのトラックバック