育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2015年10月18日

薄毛を治すには漢方の育毛法がよい(その3)

薄毛を改善するには漢方がいいのです。

飲む育毛としてテレビCMで爆笑問題が宣伝しているプロペシアは、副作用があまりにもきつく、


原則、女性は使用できないシロモノです。

脱毛の原因、薄毛の原因は、男性は遺伝的な男性ホルモンの作用によることが多いですが、クスリで押さえつけようとするのです。

漢方で一般的に言われている育毛法を書籍から見てみましょう。

『東洋医学で食養生』という本を見てみましょう。


この本では、私が非常に感銘を受けた、というか薄毛の解消に役立った部分があります。

抜け毛や白髪などの髪の毛のトラブルについてもこの本では解説があります。

今回はそこを説明はしないでおきます。

一番印象的なのは、漢方で「心のトラブル」を解消するという項目です。

この本では「くよくよ、憂鬱」を解消する食事として、

レバー
なつめ
プルーン
くこの実
竜眼肉
はすの実
カモミール

などが紹介されています。


ここを読んで、私は、

「これは、薄毛を治すための食事と共通する」

と思いました。

漢方では、体験的に「これを飲んだらこうなった」という経験をもとにしています。


薄毛回復についても、

「薄毛に悩む人が、○○を食べたら髪の毛がフサフサになった」

というような事例を積み上げてきたわけです。

中国4000年の歴史といますが、漢方も長い歴史です。


その長い間に、「ハゲた人が●●したら、薄毛が回復した」という実例・記録は残されてきたわけです。

漢方は肌や髪の毛の分野に強いです。

さて、薄い髪の毛の治療によいことと、心の不安、クヨクヨの症状と、解決につながる食事が似ているのは、意味があります。


先ほど心の不安に良い食材を述べましたが、これらはすなはち髪の毛の改善にもよいのです。

心と髪の毛は密接な関係にあるからです。

心が落ち着いたうえで、育毛成分をサプリメント等で摂取すると、みるみる髪が生えてくるのです。

右矢印1 この育毛サプリがすごい


Fotolia_64414279_XS.jpg


posted by 漢方人 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/166000619

この記事へのトラックバック