育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2015年10月12日

漢方の育毛法なら髪が生える

漢方をメインに、育毛剤と育毛シャンプーも使用する方法がいいでしょう。

漢方療法ヲメインにして育毛を成功させましょう。

安全・確実です。

Fotolia_59946_XS.jpg

まず、漢方療法では口から飲むもので髪を生やすことを重視します。

医薬品以外によるもので、「育毛に効いた」といわれるものも多いのですが、世間で騒がれるにしては効果の少ないものが多いのです。

健康雑誌や発毛の有料情報などでは、数々の育毛ノウハウが語られていますが、効果を測定するのが難しいという面もあります。

私自身も、何種類ものサプリメントを摂取しているので、何が効果があったのか、正確に判断するのは困難なのです。

育毛剤、育毛シャンプー、サプリメントについていえば、どれもが測定困難です。

育毛剤と育毛シャンプーの雑誌があります。

『男のヘアケア完全読本』です。

2007年10月1日出版。成美堂出版。

では、髪の毛の生えるメカニズムやカツラ、植毛などの項目は省きまして、

「髪の毛が生える」

ことにポイントを置いて、この雑誌を読み解いてまいりましょう。

と言いたいのですが、なにせ、「育毛剤」と「育毛シャンプー」のオンパレードであり、育毛剤の広告と記事が合体したような感じですね。

育毛剤ランキングのような感じです。

育毛剤はいろいろとありすぎて、混乱しますね。

ネットで購入するときくらいの数が雑誌に掲載されてます。

結局は、その育毛剤の成分や効能を見ても、なかなかわからない部分が多いのです。

個人差があり、誰にでも一番良いという育毛剤はないはずです。

私は数種類の育毛剤を使用しています。

でも、あまり期待はしていません。

遺伝的な薄毛体質を持っているせいです。

単に血行不良でハゲたのなら、それなりの育毛剤を使用することです。

育毛剤のみでは、髪の毛は生えません。

雑誌には1本3万円以上する育毛剤「薬用マイヘアーゲン501」

などというものもありますが、この高価な育毛剤が、「サクセス」より良いかどうかは、わからないのですよ。

これは、本当にそうです。

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。

次に上げられるのは、皮脂過剰です。頭皮の皮脂には、ほこりや細菌がこびりつきます。


これは、普段の簡単な洗髪では取り除くことができません。困ったことに、毛穴に皮脂がこびりつくと育毛剤をつけても毛根に届かないので、治療効果も半減してしまいます。

抜け毛の原因として、帽子やヘルメットなどの着用もあげられます。頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因だと考えられています。

仕事上、帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合には、シャワーなどでよく汚れを落とし、清潔を保つようにしましょう。

この雑誌で、役立ったのは、サプリメントですね。

成分では、ノコギリヤシ、イチョウ葉エキス、ウコン、アミノ酸、黒大豆、など。

基本はスピルリナとレシチン、ビタミンEですが、余裕があればプラセンタやアミノ酸などは良いものといえるでしょう。

平成27年10月現在で使用しているもののなかで、一つの商品の中に各主成分が配合され、

育毛の手ごたえの大きい感じがするのは、

この育毛サプリメントです。

右矢印1 この育毛サプリが役立つ

漢方では「血液を変える」のです。

すなはち、

「ハゲる血液」を「生える血液」にする。

血液を改善し、内部からの発毛を重視しますが、


外部からの作用もあったほうがいいのです。


たとえば、髪の毛のマッサージとしてヘアエステが人気のようです。

これは気持ちよさそうです。

短時間なら散髪時に理容室でやってくれますが、頭皮マッサージを30分くらいやってくれれば、天国気分でしょう。

血行も良くなり、育毛効果がでることと思います。

ただし月に1度では効果ないので、自宅で毎日コツコツと頭皮マッサージをすることですね。

あまり強くもむと逆効果なので注意し、ソフトにもむことです。

私は買っていないけど、機械もあるんです。
posted by 漢方人 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方の知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/165549373

この記事へのトラックバック