育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 
Fotolia_64414279_XS.jpg

2015年03月15日

発毛サプリメントと野菜スープのコラボで育毛だ

発毛サプリメントと発毛スープ

抜け毛には発毛サプリメントや育毛剤は必須です。

私は、「お金の余裕が、頭髪の状況に反映される」と思います。

お金の余裕により、頭髪の格差が生じているのです。

女性の顔の美しさも、お金の余裕があり、化粧品や美容整形などに、あるいはエステ費用などを出せる女性はキレイをキープしやすいのですね。

育毛、発毛も、お金がかかります。

サプリメントや育毛によい栄養摂取をケチっていては髪の毛は、生えにくいです。

育毛に関する情報や発毛サプリメント、育毛剤には、ある程度お金は投資しないとだめだと思っています。

発毛サプリメントだけでなく、日常の食生活でも、髪の毛によいものを選択できる余裕は必要なのですよ。

たとえば、野菜スープが髪の毛には効くということを知ったとき、すぐ実行できる態勢にあるかどうか。

野菜スープとはダイコン、ゴボウ、ニンジン、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけ。

一時期大ブームを呼んだ「野菜スープ」です。

ブームは過ぎましたが、その育毛効果は本物と私は判定しています。

野菜スープは、多くの症状に効き目があります。

抜け毛に対しても、効果があると体験談は聞かれるのです。

体験談は43歳男性。
10年前から前髪が薄くなってきて気にしていた。
その男性は次のように、野菜スープの育毛効果を語る。

〜引用ここから〜

「抜け毛がおさまり、なんと最近は産毛が生えてきました。
若返り現象で、毛根が活発に活動しだしたのが自覚されます。
さらに天然パーマのような髪質の悪い縮れ毛が、このごろはまっすぐな健康な毛になってきました。
そういえば、ストレス性の下痢も治り、習慣化しつつあったギックリ腰まで、最近は影をひそめてしまいました」

〜引用 ここまで〜

この体験者は、1日最低マグカップ1杯を飲むという。
一時期、この野菜スープは大人気であったが、発案者が少しいかがわしい人物であり、そのことが一つの原因で人気は下火になったという私の記憶があります。
もったいないことです。
以前にも(平成19年はじめ)、納豆がダイエットに効くというのがテレビ局の「やらせ」だったということで、爆発的な人気のあと、急速に納豆の評価が下がるという出来事がありました。
決して納豆のパワーは少なくないのに、そんなことで関心をもった納豆をたべなくなる、というのはもったいない。
この野菜スープも同じ。
髪の毛をはじめ、体にとって悪いはずがないのです。
髪の毛にも効くことは決まっています。

一時期、(平成16年ころ)、ネット上で「ハゲなんか、すぐ治る。野菜ジュースを毎日飲めばよい」ということに論議が起こっていました。

野菜ジュースだけで髪の毛が生えるとは私は思いません。
しかし、コーラや缶コーヒーを飲むのと、野菜ジュースを飲むのとで、髪の毛にどういう違いが起こるかを考えれば、答えは明白でしょう。

飲む人が、遺伝的若ハゲの体質でなければ、どちらも大きな違いが髪の毛に現れることはないかもしれません。

しかし、その人が、遺伝的に抜け毛体質であったなら、コーヒーを飲むのか、野菜ジュースを飲むのか、運命の分けれ目となります。

おそらく非常に大きな差になって髪の毛に反映されます。

ネット上では「野菜ジュースなんかでは髪は生えない」という反対意見も多かったのですが、私は以上の見地から、

「同じ飲むなら野菜ジュースを選べば髪のためによい」と判定します。

髪の毛を増やすには、情報を大量に仕入れ、少しずつこうしたことを積み重ねる必要があるのです。

しかしそのことは、後になって、大きな見返りがあるのです。

のどが渇き、何か飲みたくてコンビニに入ったとき、あなたが、遺伝的薄毛体質であったなら、缶コーヒーではなく、ニンジンジュースなどの野菜ジュースを選択すべきなのです。

ちなみに、野菜スープの作り方はカンタンです。
ダイコン、ニンジン、ゴボウ、シイタケを煮込んだ汁を飲むだけです。

私はベータ食品というところの野菜スープを通販で購入しています。

245グラム入りの缶の商品です。

味は正統派の野菜スープそのものです。



自分で野菜スープを作るのがめんどうであれば、この商品がいいと思います。
posted by 漢方人 at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方の知恵
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115156945

この記事へのトラックバック