育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

過去ログページ

Fotolia_64414279_XS.jpg

2016年11月17日

育毛漢方で3か月で薄毛改善への希望が見える

育毛漢方療法で髪の毛を増やす。

この方法が優れているのは「理にかなった方法」だから。

成果が出ない場合には、原理原則にもとづくことを思い出してください。

Fotolia_105657749_XS.jpg


育毛の原理原則は、

「髪の毛が生える成分を血液に溶け込ませて、その血液を毛母細胞に届ける」

ということ。

血液内に育毛成分を溶け込ますには「口から摂取」が現実的。

育毛剤を頭皮に振りかけたところで、血液には影響がないわけで。。。。

頭皮というバリアがあるのに、育毛剤が毛母細胞に浸透するとはあまり期待はできないのです。

髪が生える血液にするには、口からフィナステリドを取り入れる方法もあります。

もう子供を作らない場合には検討してもよいでしょう。

私はフィナステリドの副作用が我慢できずに中止しましたが。

育毛漢方の実践のために、カイセイ堂のコラーゲンを毎日飲むことは、育毛に大きなプラスです。

効くから続く!継続率93%回生堂メンズミレット




タグ:薄毛改善
posted by 漢方人 at 06:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法

2016年11月27日

育毛漢方で安全にかつ短期間で髪を増やそう

漢方の育毛法をお勧めするのは「安全」で、「短期間で」成果が出るからです。

育毛漢方療法に関して誤解をしている人がいますので、その点をまずはご説明しましょう。

その誤解は、

「育毛漢方療法は漢方薬を飲んで髪を生やすのか」

と考えている人がいますが、そうではないのです。

一言でいうと、

「心の平安を維持しつつ血液を髪の毛が生えるものにする」

と言っていいのです。

血液を髪の毛は生えるものにするために、コラーゲンを飲んだり、紅クコ、みつひ、蓮の種、スピルリナなどを口から取り入れます。

そういった栄養成分に髪の毛は増える「実例」がおおくあるから、あなたも飲んでみましょうということです。

漢方は「事例」なのです。

オットセイの睾丸を煎じて飲んだら精力がアップした事例などをもとに組み立てられています。

同じく精力でいうと、シカの角もまた、漢方の重要な成分の一つ。

⇒ シカの角の解説

ここで、西洋の医学でいうと、

「シカの角を科学的に分析しても、精力が強くなることは理解不能」

となる。

ところが漢方の世界では、

「でも、シカの角を服用したら、精力が強くなった体験があるんだよ」

ということになる。

これは、コラーゲンにもあてはまり、

「医学的に見て、コラーゲンを飲んでも体内で分解されるから無駄、無駄、ムダァ〜!!!」

という否定論者が多いわけです。

ところが、楽天で数多くのコラーゲンドリンクが販売されており、

人気コラーゲンドリンク購入体験者の公平なレビューを読んでみると、

「飲むと、髪の毛と肌のはりが違いますよ」

などのコメントがたくさんあるわけです。

漢方的な考え方なら、

「そういう効果があるというのなら、自分にも効果があるかもしれない」

と考えるべきなのです。

⇒ 育毛漢方を実行するきっかけブログ



Fotolia_64414279_XS.jpg
posted by 漢方人 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方療法