育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

過去ログページ

Fotolia_64414279_XS.jpg

2015年10月11日

漢方の育毛法ならあなたの髪の毛は生える

育毛漢方療法こそ最高と信じて、広く知らしめようとしております。


ノウハウの中心は「高橋式」とも呼ばれるものです。

『みるみる髪が生えてくる』という著書で有名な高橋由美子先生です。




高橋先生が、キリスト教でのイエスとすれば、


私は名もない宣教師といった立場ではあります。

しかし、キリスト教の宣教師が、あらゆる苦難をも乗り越えて宣教したように、


私も、高橋式を述べ伝えていくのです。

理由は、たった一つ。


救われたから


高橋式で、髪が生え、救われたので、高橋式を支持するのですよ。


私は、ただの読者であり、高橋先生とは何の関係もなく、たぶん一生の間に、会うことも、話をすることも、ないと思います。

しかし、私にとっては、若ハゲの恐怖から抜け出し、希望の星の見える場所まで導いてくれた恩人なのです。

この高橋式は、漢方の力で髪の毛を増やそうとするものです。

抜け毛対策や、薄毛治療、若ハゲ対策などに、漢方は優れた効力を発揮します。

ここで高橋先生の著書の言葉を解説していきましょう。

■■高橋先生の御言葉■■

「私の説く即効漢方で、それこそ即効的にハゲは完治するのです。

髪の根元の毛乳頭が死んでいれば不可能ですが、そうでないかぎり、本気で治すつもりなら、漢方にはその方法があるのです」

(『みるみる髪生えてくる』 50ページより)

■■■       ■■■        ■■■

どうですか? この心強い言葉。

勇気がわきます。

ハゲの思いもよらぬ進行は、本当に「心を折る」のです。

キックボクシングでの強烈なローキックのように戦意を消失させます。


「もう、ダメだ・・・・・」

こんなときにこそ、先の高橋先生の御言葉がありがたいのです!!

育毛漢方法であれば、髪の毛を増やすことは可能なのです。

実際、非常に多くの方々が、高橋式で髪の毛を増やしているのです。

高橋式育毛法の特徴は、「体質改善」といえます。

ですから、体質を改善するためのプログラムを、だれもが実践する必要があります。

他のノウハウでは、体質改善までは求めないケースもあります。

プロペシアとミノキシジルの方法などでが、そうです。

プロペシアとミノキシジルで、かなりの成果をだしている人を知っています。

その方法は、あまり努力がいらないのです。

ただ、お金の面と、性的(セックス)な部分で、問題がありそうですね。

高橋式の即効育毛であれば、健康に抜け毛を治せるのです。

体が若々しくなり、肌もキレイになり、セクスも強くなり、髪の毛の勢いが増します。

いいことだらけです。

しかし、育毛生活の実践が必須です。

ここで、よ〜く、考えてください。

ここで、よおく、考えて見ましょう。

ルックスが勝負の芸能人、映画スター、歌手、あるいは政治家などを考えましょう。

お金もあり、「ルックスが命」であるのに、薄毛、ハゲの人がいるのです。

ハゲの有名人はいます。

「ヅラ疑惑」とまで言われる歌手が存在します。

もし、お金で髪の毛が生えるなら、このルックスが大事な、しかもお金もある人たちに、


なぜ、薄毛、抜け毛進行中の人がいるのでしょうか?

答えは、「お金では髪の毛は生えない」ということです。

髪の毛が生える方法を「実行する」ことなしには、髪は生えないのです。


まずは、育毛サプリを飲むことを実行してはどうでしょうか?



右矢印1 この育毛サプリがすごい


Fotolia_51129718_XS.jpg


posted by 漢方人 at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法

2015年10月12日

漢方の育毛法なら髪が生える

漢方をメインに、育毛剤と育毛シャンプーも使用する方法がいいでしょう。

漢方療法ヲメインにして育毛を成功させましょう。

安全・確実です。

Fotolia_59946_XS.jpg

まず、漢方療法では口から飲むもので髪を生やすことを重視します。

医薬品以外によるもので、「育毛に効いた」といわれるものも多いのですが、世間で騒がれるにしては効果の少ないものが多いのです。

健康雑誌や発毛の有料情報などでは、数々の育毛ノウハウが語られていますが、効果を測定するのが難しいという面もあります。

私自身も、何種類ものサプリメントを摂取しているので、何が効果があったのか、正確に判断するのは困難なのです。

育毛剤、育毛シャンプー、サプリメントについていえば、どれもが測定困難です。

育毛剤と育毛シャンプーの雑誌があります。

『男のヘアケア完全読本』です。

2007年10月1日出版。成美堂出版。

では、髪の毛の生えるメカニズムやカツラ、植毛などの項目は省きまして、

「髪の毛が生える」

ことにポイントを置いて、この雑誌を読み解いてまいりましょう。

と言いたいのですが、なにせ、「育毛剤」と「育毛シャンプー」のオンパレードであり、育毛剤の広告と記事が合体したような感じですね。

育毛剤ランキングのような感じです。

育毛剤はいろいろとありすぎて、混乱しますね。

ネットで購入するときくらいの数が雑誌に掲載されてます。

結局は、その育毛剤の成分や効能を見ても、なかなかわからない部分が多いのです。

個人差があり、誰にでも一番良いという育毛剤はないはずです。

私は数種類の育毛剤を使用しています。

でも、あまり期待はしていません。

遺伝的な薄毛体質を持っているせいです。

単に血行不良でハゲたのなら、それなりの育毛剤を使用することです。

育毛剤のみでは、髪の毛は生えません。

雑誌には1本3万円以上する育毛剤「薬用マイヘアーゲン501」

などというものもありますが、この高価な育毛剤が、「サクセス」より良いかどうかは、わからないのですよ。

これは、本当にそうです。

抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を知らなくてはなりません。

次に上げられるのは、皮脂過剰です。頭皮の皮脂には、ほこりや細菌がこびりつきます。


これは、普段の簡単な洗髪では取り除くことができません。困ったことに、毛穴に皮脂がこびりつくと育毛剤をつけても毛根に届かないので、治療効果も半減してしまいます。

抜け毛の原因として、帽子やヘルメットなどの着用もあげられます。頭皮が蒸れやすいため、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなる要因だと考えられています。

仕事上、帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合には、シャワーなどでよく汚れを落とし、清潔を保つようにしましょう。

この雑誌で、役立ったのは、サプリメントですね。

成分では、ノコギリヤシ、イチョウ葉エキス、ウコン、アミノ酸、黒大豆、など。

基本はスピルリナとレシチン、ビタミンEですが、余裕があればプラセンタやアミノ酸などは良いものといえるでしょう。

平成27年10月現在で使用しているもののなかで、一つの商品の中に各主成分が配合され、

育毛の手ごたえの大きい感じがするのは、

この育毛サプリメントです。

右矢印1 この育毛サプリが役立つ

漢方では「血液を変える」のです。

すなはち、

「ハゲる血液」を「生える血液」にする。

血液を改善し、内部からの発毛を重視しますが、


外部からの作用もあったほうがいいのです。


たとえば、髪の毛のマッサージとしてヘアエステが人気のようです。

これは気持ちよさそうです。

短時間なら散髪時に理容室でやってくれますが、頭皮マッサージを30分くらいやってくれれば、天国気分でしょう。

血行も良くなり、育毛効果がでることと思います。

ただし月に1度では効果ないので、自宅で毎日コツコツと頭皮マッサージをすることですね。

あまり強くもむと逆効果なので注意し、ソフトにもむことです。


私は買っていないけど、機械もあるんです。


posted by 漢方人 at 16:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方の知恵

2015年10月17日

育毛漢方についての質問

抜け毛を防ぎ、髪を増やす育毛漢方法

育毛を目指したとき、一番効果があるのは何ですか?

( 回答 )

結論を先に言いますと、体質改善および発毛の効果のある「漢方」の活用ということになるのです。

西洋医学と東洋医学とでは別のアプローチをします。

まず欧米方式。

アメリカでは、若返りの研究が盛んで、それは頭髪でも同じこと。

アメリカでは育毛剤も育毛ピルも開発がすすんでいます。

核酸による食事療法もアメリカでは研究されていて、進んでいます。

イワシを食べる核酸食品の育毛法は大きな効果があります。

私の体験済み。


また、東洋医学的なアプローチ、すなはち漢方育毛法。

育毛漢方も、最強といえる体質改善効果および発毛効果を持っています。

育毛剤、育毛シャンプー、育毛サプリメント、発毛促進マッサージなど、どれも漢方治療の補助的な存在なのです。

男性型の抜け毛は、遺伝的要素によります。

薄毛を治したいなら、これを、認めなければなりません。

抜け毛は血行のせい、というのは認識が甘いです。

抜け毛の一要素でしかありません。10%くらいの影響でしょうね。

若ハゲの遺伝的要素を、弱める、あるいはなくする。

そこから、育毛は始まるのです。

漢方療法の一番の重要ポイントは「体質改善」です。

「体質」といえば固定されたものと思いがちなのですが、体質は変わるのです。

「体質は変えられるのです」←大事

ハゲ体質だったとしても、それは変えられるのです。

「男性型の抜け毛体質の人が、髪フサフサになる」とまでは、いえません。

しかし、気にならない程度までの状態はほぼ、間違いなくできると思います。

そのためには、第一に食べ物です。

私たちの長年の食生活によって、自分の体質はつくられてきたのです。

栄養面だけにこだわるのではなく、体質作りという観点から見ると、西洋型の食生活は、髪にとって非常に良くないものとなります。

偏った体質を正すには、伝統的な日本食を研究、摂取する必要があります。

ここで、体質改善の一つの例が、「男女産み分け」です。

私たち夫婦は、病院でその方法を学び、実施し、そして思い通りの男女で、子供が授かりました。

そのときの方法も、食事による「酸性、アルカリ性」の体質換えでした。

食べ物で、体質は変わるのです。

これは、非常に貴重な経験でした。

漢方の力で、若ハゲ体質は、変わります。
当たり前なのです。

漢方の力は、想像以上に大きいのです。

抜け毛体質を改善も、当然のごとく変わります。

薄毛の人がいたとして、

1.やき肉、カップラーメン、コーヒー、ハンバーガーを中心とした西洋型食生活。

2.いわし、さば、味噌汁、ドクダミ茶、ほうれんそう、納豆など日本食を中心とした食生活。

同じ遺伝的脱毛症の人が、どちらの食事ですごすかで、3年後、とてつもなく髪の量は違ってくることは間違いありませんよね。

さらに、育毛漢方では、ハゲ体質とオサラバするための、食材もあるのです。

紅くこ、黒なつめ、山の芋、はすの実、蜜脾などです。これらを食べることで育毛効果は出ます。

体質が変われば、遺伝的要素は、なくなる、あるいは非常に薄められてくるのです。

それらの成分を一度で摂取できる育毛サプリメントを活用することは、現代では必須事項でしょう。

ヘアケア育毛発毛サプリメント【GUNGUN(ぐんぐん)】



私は身体の中からのアプローチを重視しますが、外からのアプローチも無駄ではない。

例えば、アロエのエキスを頭皮に塗ることも有効です。

アロエ育毛剤は遺伝性のハゲ体質にはいいのです。

ミカン成分の育毛剤も遺伝的なハゲ体質の人が使用するといいのです。

ミカン成分では「柑気楼」や「黄金樹」など。

アロエ育毛剤では「マミヤンアロエ原液」がいいです。

私は楽天で「アロエ育毛剤」または「柑橘系育毛剤」で検索して、最安値の店で買っています。

posted by 漢方人 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 育毛漢方の素晴らしさ

2015年10月18日

薄毛を治すには漢方の育毛法がよい(その3)

薄毛を改善するには漢方がいいのです。

飲む育毛としてテレビCMで爆笑問題が宣伝しているプロペシアは、副作用があまりにもきつく、


原則、女性は使用できないシロモノです。

脱毛の原因、薄毛の原因は、男性は遺伝的な男性ホルモンの作用によることが多いですが、クスリで押さえつけようとするのです。

漢方で一般的に言われている育毛法を書籍から見てみましょう。

『東洋医学で食養生』という本を見てみましょう。


この本では、私が非常に感銘を受けた、というか薄毛の解消に役立った部分があります。

抜け毛や白髪などの髪の毛のトラブルについてもこの本では解説があります。

今回はそこを説明はしないでおきます。

一番印象的なのは、漢方で「心のトラブル」を解消するという項目です。

この本では「くよくよ、憂鬱」を解消する食事として、

レバー
なつめ
プルーン
くこの実
竜眼肉
はすの実
カモミール

などが紹介されています。


ここを読んで、私は、

「これは、薄毛を治すための食事と共通する」

と思いました。

漢方では、体験的に「これを飲んだらこうなった」という経験をもとにしています。


薄毛回復についても、

「薄毛に悩む人が、○○を食べたら髪の毛がフサフサになった」

というような事例を積み上げてきたわけです。

中国4000年の歴史といますが、漢方も長い歴史です。


その長い間に、「ハゲた人が●●したら、薄毛が回復した」という実例・記録は残されてきたわけです。

漢方は肌や髪の毛の分野に強いです。

さて、薄い髪の毛の治療によいことと、心の不安、クヨクヨの症状と、解決につながる食事が似ているのは、意味があります。


先ほど心の不安に良い食材を述べましたが、これらはすなはち髪の毛の改善にもよいのです。

心と髪の毛は密接な関係にあるからです。

心が落ち着いたうえで、育毛成分をサプリメント等で摂取すると、みるみる髪が生えてくるのです。

右矢印1 この育毛サプリがすごい


Fotolia_64414279_XS.jpg


posted by 漢方人 at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法

2015年10月24日

育毛漢方漢方の実践に役立つ情報

女性の抜け毛を防ぎ、薄毛を解消する実行漢方メニュー(1)

育毛漢方の方法では、血を重視します。

「髪の毛は血のあまり」という大原則があるのです。

血液と髪の毛は深い関係であり、血行が良ければ、髪の毛も勢いがあり、ツヤツヤしています。

反対に、血行が悪いとヒョロヒョロとした、よわよわしい髪の毛になってしまうのです。

漢方では、当然、自律神経と女性の抜け毛の関係は見抜いております。

ストレスがハゲを呼ぶことは漢方でも対策ができているのです。

ずばり、「加味逍遥散」(かみしょうようさん)です。

自律神経を正常な働きに戻すパワーがあります。

髪の毛をすこやかに育てる作用もあるのです。

あと、黒ごま、くるみ、くこ、なつめ、黒大豆、ほうれん草、などが漢方では髪の毛を増やすものとしています。

右矢印1 育毛マニュアルプレゼントとメルマガFotolia_59946_XS.jpg

posted by 漢方人 at 06:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法