育毛漢方の秘訣の無料マニュアル

育毛漢方で髪の毛を増やしましょう。薄毛やハゲの対策としてはプロペシアとミノキシジルが有名です。ですが、副作用もあり、女性の使用はできません。また、結婚前の男性にもお勧めはできないのです。ですから、漢方の力で育毛を行いましょう。体も心も元気になり、しかも髪の毛も生えてくるのですから。
 

過去ログページ

Fotolia_64414279_XS.jpg

2015年08月02日

薄毛対策に漢方を取り入れる

私自身、長年、髪の毛を生やす努力をしてきました。

漢方簿育毛法を学び、成果を出すことができました。

ハゲ遺伝子との戦いは厳しい面もありました。

その結果、育毛は忍耐強さが必要とわかりましたね。

男性は、特に、男性ホルモンとの共存を目指さねばなりません。

抜け毛の原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。


Fotolia_59946_XS.jpg


男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。

テストステロンが多すぎると脱毛が起こります。

漢方の育毛法なら、テストステロンの影響を押さえつけられるのです。




髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こりるのです。

抜け毛対策のためには、詳述は避けますが、テストステロンを中心としたさまざまな原因物質を抑えることが重要です。

これを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされているのです。

今はいろいろな薬に配合されています。

抜け毛対策には、第一に、抜け毛の原因を知らなくては話が進みませんね。

そして夜更かしなどの不規則な生活です。髪の毛の成長は夜間に行われて、昼間は成長しません。

これは、昼間は血液が、脳・血液が流れることにより、毛の成長が行われることによるのです。


抜け毛対策には夜更かしなどの不規則な生活は大敵であることは、もうご存知でしょう。

髪の毛の成長がおこなわれる夜にしっかりと休息を摂らないことによって、皮膚に充分に血液が行き渡らないことが考えられます。

また、不規則な生活が抜け毛、薄毛を招きます。

漢方の抜け毛対策には、なるべく夜更かしをせず、規則正しい生活を心がること。

十分かつ規則正しい睡眠が脱毛を防ぐこととなります。

病気抜け毛対策を考えるには、まずは抜け毛の原因を探し出す必要があります。

もっとも、実は抜け毛には個人差があります。

Fotolia_51129718_XS.jpg

悩んでいる人も大勢いると思いますが、抜け毛になるのにもそれなりの原因があるのです。

漢方の抜け毛対策には、まずはその抜け毛の原因を解明し、解消すること。次に上げられるのは、喫煙です。

タバコに含まれているニコチンは、悪玉コレステロールを増やし、血管を詰まりやすくします。

喫煙時には、ごく微量の一酸化炭素をごく微量ですが吸い込みます。

これは、血液中のヘモグロビンと非常にくっつきやすく、離れにくい性質を持っていて、毛細血管の壁にわずかな傷をつけてしまうのですね。

毛細血管の壁を傷つけることが繰り返されると、毛細血管が硬くなり、十分な血流ができなくなる可能性も指摘されています。


最近の調査から、喫煙がアンドロステンジオン、テストステロンやジヒドロテストステロンなど主要な男性ホルモンを増大させることもわかってきました。

漢方の発毛にとって、適当量のアルコールはストレスを解消するのによいですし、頭皮の血流をよくするのにも効果的です。



しかし一定量を超えると血液循環が悪くなるので、頭皮の血行不良を起こし、抜け毛の原因になることがあります。

私は育毛に効く酒を飲んでいます。くこ、みつひ、ヤマイモ、などを焼酎につけるのです。

これは育毛に効きますよ!!

抜け毛対策には、アルコールと一緒に食べる『おつまみ』も良くありません。

『おつまみ』は油分が多いものが揃っているので、アルコール同様についつい摂りすぎてしまうと、栄養のバランスが崩れますので、抜け毛対策には危険です。

育毛剤で、一般的なのは医薬部外品です。今現在次々と新しい商品が発売されています。

これが最高というのは、わかりませんが、あくまでも補助的に利用しましょう。

抜け毛対策としての育毛剤でのメリットは、誰でもでも利用できる手軽さと、メントールなどの成分を配合することで、爽快感が得られることですね。
posted by 漢方人 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法

2015年08月22日

女性の薄毛対策はホルモン対策が必須です。

薄毛の原因としてのホルモン対策。

女性の薄毛を改善するために。

女性の髪の毛の悩みとホルモンの知識を身につけましょう。

女性の薄毛は治りやすいので、安心して育毛にとりくみましょう。

男性はホルモンの関係で、育毛が容易ではないです。

また、女性の薄毛は、あまり「からかい」の対象にはなりません。

男の若ハゲの場合は「からかい」の対象になります。

ピエロです。

平気で人の気にしていることをからかう無神経な人物がいるのです。

「オッ?、お前、最近一段と光が増して来とるぞ、ヒッヒッヒッ・・・」

などと、大勢の人の前でハゲの人をからかって、悦に入るひとがいるのです。

からかわれるのがイヤなら、男性は必死で髪の毛を生やさないといけないのです。


悪魔のような人物の餌食にならないためには・・・・。

さて、抜け毛や薄毛は男性ホルモン(テストステロン)と深い関わりがあることがわかっています。

女性の髪のトラブルは加齢によって、若返りホルモンといわれているDHEAをはじめとするさまざまなホルモンの分泌が低下することに原因があるわけです。

Fotolia_21773679_XS.jpg

抜け毛や薄毛は様々な要因が絡み合っているので一概に原因を追究できないのが難しい部分です。

薄毛に悩む40歳代、50歳代の女性の、一つの典型的なパターンとしてあげられるのが自分の髪の毛は、いつまでもあって当たり前という気持ちが男性よりもずっと強い。


ですから、抜け毛や薄毛がいったん発生すると髪の毛に異常事態発生と、深刻に悩むことが多いです。

前髪をアップにするようなスタイルがたいへんセットしづらくなったり、おかしいなと感じて、鏡で見たり束ねてみたり。


異常を感じたころには、前頭部以外の場所の髪の毛も、ある程度細く、少なくなってきているというケースやすでに髪の毛が頼りなかったり地肌が透けたりするのが目につき、ショックを受けます。

原因はいくつか考えられます。

白髪染めが原因の場合もあります。

市販の白髪染めが髪の毛を細く弱弱しくしてしまいます。

ヘナで白髪は染めるべきです。

女性の薄毛が振興した場合には、できれば専門家であるクリニックに相談すべきであり、女性ホルモン減少による抜け毛や薄毛に関しては専門家の意見をきくのが、髪の毛復活の一番早道です。

最近、イソフラボンが女性の体に対して大切な働きをもつ物質として話題になりました。

イソフラボンは大豆胚芽に多く含まれる物質で、イソフラボンをメインにした健康食品やサプリメントなども各種販売されており、女性ホルモンとの関係もありその摂取量についてはいろいろと意見があります。

個人の勝手な判断で摂取して悪化するケースも考えられますので、専門家に相談するようにしましょう。

男性型脱毛症に関して、ここで説明しておきましょう。前頭部や頭頂部の毛髪は男性ホルモンによって発育が抑えられやすいといわれています。

人により、いくらかの微妙な違いはあるものの、初めは前頭部か頭頂部からしだいに薄くなるケースが多く側頭部や後頭部はハゲにくく、中央部近辺はかなり地肌が透ける状態になった人でさえ、側頭部や後頭部は黒々として毛髪が残っていることが多いのです。

このような状況は、前頭部や頭頂部にある頭髪の男性ホルモンの感受性によるものといわれています。

現在注目されている対策の一つに「自毛の生きた皮膚を移植」するという手術(皮弁移植術)があり、これは側頭部や後頭部に残った毛を周囲の皮膚とともに、毛が消失した前頭部や頭頂部の場所に埋め込むという手法となります。

植毛法をとることで、抜けやすい場所に植え替えられたのに、毛髪は場所に影響されずに生えつづけるということもあり、その結果前頭部や頭頂部に生える毛髪は他の部分と比べて特別であり、男性ホルモンが髪の毛の成長ということでなくどちらかというと抑制のほうに働いているのではないかと考えられています。

男性ホルモンをブロックするプロペシアと、頭皮の血行をよくするロゲインの併用で毛髪のトラブルが改善した男性が多いという報告がありますが、こちらは残念ながら両方とも女性には使えません。女性は注意すべきです。

ホルモンにアプローチするプロペシアは胎児への影響が考えられるため、妊娠中の女性は服用しないようにせねばなりません。

平成27年8月現在では女性用の育毛サプリ「ビアンド」がすごくいいです。

漢方育毛法をこのサプリなら一つで実践できると言ってもいいのです。

男性の私も飲んでいますが、漢方で重要な黒色の育毛成分が各種入っています。

「Be&【ビアンド】ビューティ女性美・神サプリ」


まずは3か月飲むことですね。

IMGP124.JPG

posted by 漢方人 at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の薄毛対策

2015年08月23日

女性のための育毛漢方

薄毛女性の髪を太くする育毛漢方療法でボリュームアップ

薄毛女性の強い味方、漢方で育毛。

女性の薄毛対策には漢方の力を活用します。

髪の毛を太く育てて、ボリュームアップするには漢方のパワーを活用したいのです。

育毛漢方で90日。

あなたの髪はぐんぐん生えることでしょう。

楽しみの漢方育毛生活90日で、周りの人はビックリ?

今日は、思うことがあり、このページを全力で書き上げますので、ぜひ、実行をお願いします。

たぶん、このサイトを見てくださるあなたは、健康面では恵まれているのではないかと思います。

なぜなら、遺伝的若ハゲ体質を受け継いだ人の多くは、健康オタク気味になるからです。

私も頭髪関係の書籍が出れば買い、テレビの健康番組で育毛特集があればもちろんチェックします。

高いネットでの発毛情報商材も惜しみなく金を出し購入します。


今月も数冊の育毛書籍を買い、髪の毛の情報を手に入れました。

今まで何度か専門家の診察も受けたのです。

こうした「ハゲからの脱出への努力」の過程で、健康情報に接する機会が増え、多くの育毛志願者が健康に関する専門家となっていくのですね。

ですから、けっこう薄毛体質の人は健康に恵まれるのです。

これは薄毛体質の人の、一つの特徴ですね。

ハゲの人はハゲ対策のために健康雑誌などもよく読むので、健康オタク化するのです。

統計をとったわけではないですけれどね。

さて、先日体験した「人間ドック」にて医師との面談で、気づいたことがあります。

それは、「実行力」「実践力」です。

例えばダイエット。

ダイエット・ノウハウを実行すればそれなりの成果が出るのです。

決して、この世に存在する非常にたくさんのダイエット・ノウハウがダメなせいで

はありません。

英会話でもそうです。

多くの英会話をマスターするノウハウがこの世にはあります。

しかし、マスターする人は少ない。

ノウハウが悪いのではないのです。

決して教材が悪いのではない。

教材を使わずに、部屋の片隅に置きっぱなしにしている「本人の実行力のなさ」の

せいなのです。

同様に育毛について考える。

髪の毛は、正しい育毛法を実行すれば太く生育します。

ウブ毛が太く一人前の髪の毛まで育つのです。

「再現性」のあるノウハウはオープンになっているのです。

私は、非常に多くの育毛情報を仕入れてきました。

この30年以上の間。

お金は、まあ、あまり困らない立場にあったので、育毛ノウハウや育毛商品を試すことができたのです。

そういう月日だったのです。

その私の経験から、育毛に関しては「秘伝なし」と言いたい!!

育毛に関しては「秘伝なし」

奥義なし。

マル秘情報なし。

シークレットなし。

一部の人しか知らないノウハウなし。

抜け毛を一発で治す秘薬なし。
    ↑
  (くどい)

でも、本当にこれは大切なこと。

ネットや雑誌、書籍で育毛のすべて(と私の経験から言います)がすでにオープン

になっています。

ですから、私は育毛漢方を実践するようこれからますます強く訴えて行きますよ。

育毛の情報はオープンになっているので、実践だけなのです。

こうすれば、髪の毛が生えてくるという育毛法は、かなりの再現性のあるものが、

公開されてるのです。

ただ、ダイエットや英会話と同様に、必ずしも実践していないのです。

多くの人が育毛剤だけふりかけて、育毛を実践している気になっているのでは?

では、そのチェックをお願いします。

(漢方育毛の自己チェックリスト)

育毛漢方の10大基本原則

○スピルリナを毎日多めに摂取している

○レシチン、ビタミンEを毎日摂取している

○みつひ、紅クコ、蓮の種、よもぎ、山芋、黒なつめ等で作った育毛酒、あるいは煎じて飲んでいる

○肉食を控えめにし、いわし、さけ、等の魚を中心に食べる。

○1日7時間以上寝ている(この項目が守られていないなら、その他の項目でがん

ばっても、効果は少ない。)

○軽い運動をし、肩、首、目の疲れ、コリを解消している

○タバコは吸わず、深呼吸を時々行い、新鮮な酸素を体内に摂取している(タバコ

を吸っていれば、他の項目努力しても効果小)

○精神的に安定している。髪の毛や肌は心の影響を大きく受けるのです。リラックスが大切。

○効果のある育毛剤と出会っている。育毛剤は重要です。ネットでの情報収集でよい育毛剤に出会わなければ、大きな発毛促進ができません。

○頭皮マッサージ、足の裏のマッサージをしている

以上です。

以上ですが、実践はそれほどカンタンではありません。

1日だけならできます。

ダイエットや英会話、その他の習い事や勉強でも同じ。

実践し続けるのが、ポイントです。

私は、育毛漢方は「再現性」の強いノウハウだと思います。

基本は著書「みるみる髪がはえてくる」ですが、この本も昭和56年の書籍であり、最新の育毛情報からは、やはり遅れる部分はあるのです。

しかし、育毛体質に自分の体を変えることで、遺伝的若ハゲの影響から脱却できるという根本は決してゆるぎはしないのですね。

英会話やダイエット同様、育毛もノウハウというよりは実践部分で成果がでるか、出ないかが決まる。

ここで、あなたが漢方育毛法を実践しようと決意し、やり遂げる決心をしたのなら、3か月後のあなたの髪の毛は、他の人が見たら、

「あれ?貴方、カツラつけたの?・・・・・・・」

というくらいにうれしい変化をみせるはず。

髪の毛がみるみる生えるのが期待できます。


薄毛対策はこれでOK


Fotolia_57909393_XS.jpg

posted by 漢方人 at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方育毛療法